杉浦友紀アナが職場結婚!30代局員と今春“週末の女神”

杉浦友紀アナ スケッチ

(  杉浦友紀アナ  スケッチ 美人 サポーター )

NHK「サタデースポーツ」(土曜後10・0)、「サンデースポーツ」(日曜後9・50)のメーンキャスターを務める杉浦友紀アナウンサー(31)が今春、30代のNHK局員、Aさんと職場結婚することが8日、分かった。上智大在学中、「ミス・ソフィア」に輝き、2014年ソチ五輪の現地キャスターを務めたNHKスポーツ番組の顔。好感度抜群の“週末の女神”が、人妻になる。


NHKの週末の女神が、さらに輝きを増す。「サタデースポーツ」と「サンデースポーツ」のメーンキャスターを務める杉浦アナが今春、ゴールインする。

 関係者によると、杉浦アナとAさんは先月、両家の両親にあいさつを済ませ、婚約。現在、ウエディングドレスを選ぶなど、幸せオーラ全開で挙式・披露宴の準備を進めているという。Aさんは局内でも有名な、かなりのイケメンだ。

 杉浦アナは一昨年5月に写真週刊誌で日本テレビの30代ディレクターとの熱愛を報じられたが、実はそれ以前から本命であるAさんとひそかに愛を育み、少なくとも交際2年以上になるという。

 2006年にNHKに入局した杉浦アナは、清楚な容姿と、テレビ画面でも存在感たっぷりの巨乳がトレードマークの美人アナ。上智大在学中だった03年に「ミス・ソフィア(上智)」に輝いたこともある。

 地方局勤務のあと、東京へ異動になり、「おはよう日本」(月~金曜前4・30)のスポーツキャスターを担当。13年4月にフリーアナ、山岸舞彩(27)の後任として「サタデー-」と「サンデー-」のメーンキャスターに抜てきされた。


明るく人懐っこい性格と精力的な取材でたちまち取材現場やお茶の間の人気者になり、昨年2月のソチ五輪では現地キャスターを担当。同9月の仁川アジア大会ではBS放送の開会式中継を務めるなど、NHKスポーツ番組の顔に成長した。

 杉浦アナは、この日朝から沖縄・宜野座村でプロ野球阪神のキャンプを取材し、夜の「サンデースポーツ」では読谷村にある阪神の選手宿舎から生出演した。冒頭、宿舎玄関でコートに身を固め、震えながら登場。「(沖縄は)あったかいと伝えたかったところですが、風が強くてとにかく寒いんです」とキュートな笑顔でリポートした。

 スポーツキャスターを務めた女子アナは、TBSの枡田絵理奈アナ(29)が昨年末に広島・堂林翔太内野手(23)と結婚。フジテレビの三田友梨佳アナ(27)が昨年8月に西武・金子侑司内野手(24)との熱愛が発覚し、同局の宮澤智アナ(24)も先月、巨人・小林誠司捕手(25)との交際が報じられたばかり。しかし、杉浦アナが選んだのはプロ野球選手ではなく、安定した給料制の同僚だった。

 結婚後も仕事を続け、最愛のパートナーを得たことで、公私ともにますます充実しそうだ。


阪神 藤浪のV宣言引き出した

 杉浦アナは、この日放送の「サンデースポーツ」の中盤の特集で阪神の藤浪晋太郎投手(20)と大和外野手(27)をインタビュー。ミニスカから脚線美をのぞかせながら、藤浪が取り組んでいる「脱力投法」や広島・前田健太投手(26)との自主トレ、大和の守備力のすごさを全国に向けて分かりやすく紹介。2人から「ビールかけをぜひやりたい」と優勝宣言を引き出し、「今年は赤ら顔の大和選手と、イエーイの藤浪選手が見られるのを楽しみにしています」と締めた。

サポーター 美人 スケッチ  杉浦友紀アナ
 (  杉浦友紀アナ  スケッチ 美人 サポーター )

杉浦 友紀(すぎうら・ゆき)

 1983(昭和58)年5月14日生まれ、31歳。愛知・岡崎市出身。南山国際高を経て、上智大文学部新聞学科卒。父親の仕事の関係で米サンフランシスコや豪州メルボルンなど外国で暮らした帰国子女で、2003年に「ミス・ソフィア」に選ばれ、「ミスオブミス キャンパスクイーンコンテスト」で準グランプリを獲得。06年にNHKに入局し、福井局、名古屋局へ赴任後、12年に東京アナウンス室へ異動。13年まで「おはよう日本」のスポーツキャスターを務めた。趣味は音楽&ライブ鑑賞。1メートル58。