無差別テロ体験、語り継ぐ…地下鉄サリン20年
sizukani teo 00

/////
An indiscriminate terrorism experience and the... subway sarin handed down for 20 years

13 people died and more than 6000 people received 20 years per 20 days into Tokyo subway sarin gas attack by injured Aum Shinrikyo cult.

 A laying flowers stand was put at the subway 6 station in Tokyo-to which became a site, and many people sacrificed a prayer. A morning of what kind of memory and this day the victims who experienced the indiscriminate terrorism which has no examples in the past met--?

 "Without what historical origin was general citizen also aimed at sarin gas attack on the Tokyo subway system in Tunisia?... terrorism can't permit...". A man of private practice in Matsudo-shi, Chiba (51) visited Kasumigaseki station (Chiyoda-ku) in the morning on the 20th, told so and put a flower in the laying flowers stand.

 I saw liquid being spread in a floor from a package of newspaper in the car in Chiyoda line where I commute in a morning 20 years before. I get off at Kasumigaseki station, and it's to a company. Putting on a pair of sunglasses suddenly, the sight became dark. It was a shrinkage of a pupil.

 I knew "sarin" and shuddered by news. "It was just lucky that it was saved.". An eye tends to get tired with aftereffect and when I also press and smell now, it's attacked by a headache.

 It's when it's an elementary school for 5 years, that I told the second son born 4 months ago of an event (20) about an event clearly. When I received a physical check-up and went home, "The one how do done?" could be asked, so I spent long time and explained.

 Since also judging a TV program about a parrot from the family after that, I talk. The second son, "You could realize that young people could enter a group like a parrot thanks to my father when making a mistake in one step.", I speak.
/////
無差別テロ体験、語り継ぐ…地下鉄サリン20年

13人が死亡、6000人以上が負傷したオウム真理教による地下鉄サリン事件は20日で20年を迎えた。

 現場となった東京都内の地下鉄6駅には献花台が置かれ、多くの人が祈りをささげた。過去に例のない無差別テロを体験した被害者たちはどのような思いで、この日の朝を迎えたのか――。

 「地下鉄サリン事件でも、チュニジアでも、何のいわれもなく一般市民が狙われた。テロは許せない……」。千葉県松戸市の自営業の男性(51)は20日午前、霞ヶ関駅(千代田区)を訪れてそう語り、献花台に花を置いた。

 20年前の朝、通勤中の千代田線の車内で、新聞紙の包みから液体が床に広がるのを見た。霞ヶ関駅で降りて会社へ。急にサングラスをかけたように視界が暗くなった。瞳孔の収縮だった。

 ニュースで「サリン」と知り、ぞっとした。「助かったのは運が良かっただけだ」。後遺症で目が疲れやすく、今も、強いにおいをかぐと頭痛に襲われる。

 事件の4か月前に生まれた次男(20)に事件のことをはっきりと語ったのは、小学5年の時だ。健康診断を受けて帰宅すると、「どうしたの?」と尋ねられたので、長い時間をかけて説明した。

 その後も家族で、オウムに関するテレビ番組などを見ては語り合う。次男は、「父のおかげで、若者は一歩間違えばオウムのような集団に入りかねないのだと実感できた」と話す。
////
チュニジアテロで浮き彫り 次に危ないのは… 東南アジアリゾート地も


チュニジアの首都チュニスのバルドー博物館で、銃で武装した集団が外国人観光客らを襲撃し、日本人6人が死傷した事件。白昼の観光地で起きた惨劇はテロの恐怖をまざまざと見せつけたが、これから海外に出かける人にとっては注意が必要だ。専門家は「地中海沿岸の欧州諸国や東南アジアでテロのリスクが高まっている」と警告する。日本国内も例外ではなく、警戒は怠れない。

 「雨の最初の一滴にすぎない」

 チュニジアでのテロから一夜明けた19日、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」がインターネット上に公開した約3分間の音声ファイル。

 英紙インデペンデントによると、イスラム国はこの中で博物館襲撃の犯行を認め、独特の表現でさらなる攻撃を示唆した。

 犯行声明では男2人の名前を襲撃の実行犯として挙げ、「イスラム国の騎士」ともたたえた。

 ただ、チュニジア当局は、同国やイエメン、リビアなどで活動するイスラム過激派「アンサール・シャリーア」が銃撃の実行犯と指摘している。

 白昼の凶行は、西側諸国からの観光客を狙った無差別テロの可能性が高いが、衝撃的だったのは、事件が当局の虚をつく形で起きたことだ。

 「外務省は今回の事件で、チュニスへの渡航情報を『渡航の是非を検討』というレベルに引き上げたが、それまでは、最も危険度の低いことを示す『十分注意』という表現にとどめていた」(外務省関係者)。テロへの警戒レベルはそれほど高くはなかったという。

 中東情勢に詳しい軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「現在、イスラム国と旧来のイスラム過激派勢力との間で、存在感を誇示するためのテロの応酬が繰り返されている。危険度は確実に増している」と警告する。

 2013年4月には、米国マサチューセッツ州で開かれたボストンマラソンで5人が死亡する爆弾テロ事件があった。

 米国人の実行犯は、イスラム国に比肩するほどの影響力を持つ、イエメンを拠点にするイスラム過激派「アラビア半島のアルカーイダ(AQAP)」の影響を受けてテロを起こしたとされる。

 AQAPやイスラム国は、国外の過激派に感化されてテロを起こすこのような「ホームグロウンテロ」を盛んに呼びかけており、危険は世界各地に広がっている。

 世良氏は「地中海沿岸の欧州の大都市は特に危険。スペインは、イスラム過激派の活動が活発な北アフリカと地理的に近く、イタリアはイスラム国が台頭するリビアの対岸にあたる。イスラム国の支配地域と欧州の経由地となっているトルコに隣接するギリシャも警戒が必要な地域だ」と指摘し、こう続ける。

 「東南アジアのリゾート地も危ない。インドネシアで活動するイスラム過激派『ジェマ・イスラミア』は、数百人規模の戦闘員をイスラム国に送り込むなど友好関係にある。日本人にも人気があるバリやジャワ島ではいつになくテロの危険が高まっている。マレーシアやフィリピンにもイスラム過激派のシンパが多く注意が必要だ」

 イスラム国は日本への攻撃も示唆しており、外国人の流入が多い東京や大阪など大都市もテロのリスクと無縁ではない。「多くの人が集まる祭りやスポーツ大会などのイベントは標的になりやすい」(公安関係者)。いつ何が起きてもおかしくはないと踏まえておいた方がいい。

//////
//////
チュニジアでの観光客襲撃事件 と 世界のセキュリティ

「チュニジア」

「エジプト」

「オーストラリア」

//////

日本での対策の動きKA


日本での対策の動きKP


日本での対策の動きV


日本での対策の動きA

 //////
世界の都市の安全性について


日本での対策の動きJ


日本での対策の動きVs

/////