サムスン、IoT分野に本格参入…スマートホーム時代はテレビが開く

//////
TV is open to full-scale entry ... Smart Home Samsung era, the IoT field 


# Weekend morning, Park Jin-soo's company employee (36) has seen a football game in Europe on TV while sitting on the couch and turn the washing machine. Using the remote controller for TV without pressing the button directly air conditioning and washing machine. To adjust the temperature and strength of the air conditioner receives the message washing has been completed through the TV screen even while you are watching a football game, even without moving the body using the application that was installed in the TV. 

Samsung Electronics and determine the (M & A) Corporate mergers and acquisitions of several hundreds of billion won, you are allowed to accelerate futuristic living a "smart home" business. The 29th, according to Forbes, such as foreign news and (IT) industry information technology, Samsung is doing the acquisition talks "Smart Things (SmartThings)" with the United States smart home professional firms. I was told Samsung has presented about $ 300 million as the purchase price in smart Things. Also participated "thread group (Thread Group)" is also a consortium that Google led followed by Intel (Intel)-led "Internet of things (IoT)" consortium recently Samsung. Have a central platform technology to help connecting equipment (device) between, Smart Things Alex Hawkinson mentioned in one of the best experts in IoT field was founded is a community made ​​up of more than 5,000 developers owns. 

Samsung has been nurturing the smart home business keynote under "smart phone in an outdoor, television in the rooms" and in particular. Electric light and television will disappear For example, if Hanashikakere as "sleep mode" to smartphones and TV remote control, air conditioning is adjusted to sleep mode. Samsung also was to enjoy freely while going back and forth a smartphone and TV external content and YouTube broadcast program (such as YouTube) app that was our own production through a "Smart View 2.0". With what Google is similar "chromium cast (Chromecast)" service and media, it is possible to look directly at the TV screen the screen looking at smartphones and tablets. In the case of Samsung, it is possible to look at the TV screen smartphone. 

Samsung is "the strong tradition" of "television market is the most" composition of conventional television business has been broken by an instrument of the set-top box or form chromium cast such as "Apple TV", "as is the IT industry officials described parts can be specialized is content sharing and exchange function "of the TV between mobile devices. 

Why have entered actively into smart home market our top runner in the IT industry Google and Samsung, such as Apple and other smart TV is simple. While the momentum of the growth of the smartphone market is slowing down, it is because of the business areas as smart home is like no other as a new growth item. According to the US IT companies to Cisco (Cisco), it is expected that IoT market worldwide will reach $ 19 trillion in 10 years in the future. Samsung officials described in "up to the TV, air-conditioner, starting from the smartphone, because it is the only company to produce all electronic devices (device), you want to deal leading to the now more than smart home market," he said. 

◆ means the intelligent technologies and services for mutual communication and information people and goods, of mono between the mono ligated things all the foundation of the Internet mono (Internet of Things) = Internet. Abbreviated as "IoT" by taking the English initials.
//////
サムスン、IoT分野に本格参入…スマートホーム時代はテレビが開く


#週末午前、会社員のパク・ジンスさん(36)は洗濯機を回してソファに座りながらテレビで欧州のサッカー試合を見ている。洗濯機とエアコンは直接ボタンを押さないでテレビのリモコンで操作する。サッカー試合を見ている途中にもテレビ画面を通じて洗濯が完了したというメッセージを受け取り、テレビに設置したアプリを使って体を動かさなくてもエアコンの強さと温度を調節する。

サムスン電子が数千億ウォン台の企業合併買収(M&A)を決めるなど、未来型住まい「スマートホーム」事業を加速化させている。29日、情報技術(IT)業界やフォーブス等外信によると、サムスン電子は米国スマートホーム専門企業「スマートシングス(SmartThings)」と買収交渉を行っている。サムスンはスマートシングスに買収金額として3億ドルほどを提示したと伝えられた。またサムスンは最近インテル(Intel)が主導する「モノのインターネット(IoT)」コンソーシアムに続いてグーグルが主導するコンソーシアム「スレッドグループ(Thread Group)」にも参加した。IoT分野の最高専門家の1人に挙げられるアレックス・ホーキンソンが創業したスマートシングスは機器(デバイス)間の連結を助ける中央プラットホーム技術を有していて、開発者5000人以上で構成されたコミュニティを保有している。

特にサムスンは「室外ではスマートフォン、室内ではテレビ」という基調下にスマートホーム事業を育成している。例えばテレビリモコンやスマートフォンに「就寝モード」と話しかければテレビと電灯が消え、エアコンは睡眠モードに調節される。またサムスンは自社製作したアプリ「スマートビュー2.0」を通じて放送番組やYouTube(ユーチューブ)などの外部コンテンツをテレビとスマートフォンを行き来しながら自由に楽しめるようにした。グーグルがメディア「クロムキャスト(Chromecast)」サービスと似ているもので、スマートフォンやタブレットで見ている画面をテレビ画面でそのまま見ることができる。サムスンの場合、テレビ画面もスマートフォンで見ることができる。

あるIT業界関係者は「クロムキャストや『アップルTV』のようなセットトップボックス形態の機器によってテレビ事業の従来の構図が崩れてきている」として「テレビ市場の“伝統強者”であるサムスンが最も特化できる部分がモバイル機器とテレビ間のコンテンツ共有・交換機能」と説明した。

サムスンやグーグル、アップルなどIT業界のトップランナーたちがスマートテレビをはじめとするスマートホーム市場に積極的に参入している理由は簡単だ。スマートフォン市場の成長の勢いが鈍化する中、新たな成長アイテムとしてスマートホームほどの事業分野が他にはないためだ。米国IT企業シスコ(Cisco)によると、全世界のIoT市場が今後で10年間19兆ドルに達すると予測されている。サムスン電子関係者は「スマートフォンから始まってテレビ・エアコンに至るまで、すべての電子機器(デバイス)を生産する唯一の企業なので、スマートホーム市場に今以上に先導的に対処したい」と説明した。

◆モノのインターネット(Internet of Things)=インターネットを基盤にすべてのモノを連結させて人とモノ、モノとモノ間の情報を相互疎通する知能型技術・サービスを意味する。英語頭文字を取って「IoT」と略称する。
//////
 スマホ不振…巨大企業サムスン失速 韓国経済に影

サムスン電子は売上高で韓国の国内総生産(GDP)の約2割を占める超巨大企業だ。

 多額の内部留保があり、ただちに経営危機に陥るわけではないが、業績の悪化は同社に依存してきた韓国経済の先行きに影を落としそうだ。

 サムスンは不振の要因として、急激なウォン高と主力商品であるスマートフォンの販売減少を挙げる。スマホ事業を扱うITモバイル部門はこれまで同社営業利益の約7割、約7兆ウォンをたたき出してきたが、今期は4兆ウォン台に急減した。

 低価格帯では、中国メーカーの猛追でシェアが減少。高価格帯では新技術の開発、製品化が遅れ、画期的な新製品を投入できないことも低調の原因とされる。

 サムスンはスマホ市場の飽和化と中国の追い上げを見越し、近年は法人向けの売り込みや医療機器分野参入などを模索してきた。

 だが、「世界市場の売れ筋商品を模倣し、部品や素材を買いたたいてオリジナルよりも安く市場投入して、もうけるというビジネスモデルからの脱却は難しく、スマホからの転換は容易ではない」(日系の部品メーカー幹部)ともいわれる。

 サムスンの不振はいずれ韓国の政治を直撃しかねないアキレス腱(けん)でもある。朴槿恵(パク・クネ)大統領は就任以来、中小企業の技術開発力を育成して産業の裾野を広げ、サムスンなどに依存しない経済構造を唱えてきたが、財閥の反発や中小企業に敬意を払わない韓国特有の商慣行や労働観から状況が好転せず、「政権の経済運営力に期待する人はほとんどいない」(革新系メディア幹部)とされる。
//////