LINEいじめ、親に代わり監視サービス 単語チェック
//////
On behalf monitoring service check LINE word bullying, the parent 

Services the child to monitor on behalf of the parent, a message received from a friend free communication application in the "LINE" has appeared. It's aim is to discover early, children from being involved such as sex crimes and bullying, the trouble of using the LINE. 

From June 30, "Filii (Philly)" in, IT venture "Ace Child" (Shinagawa-ku, Tokyo) was added to the new ability to monitor LINE exchange site monitoring service. The selection and to "hide" (hide your belongings) "support" and (such as compensated dating), about 20 000 words total are likely related to the crime and bullying. If used continuously in the message that children receive in LINE, "possibility of crime and bullying," he said, displaying a warning page dedicated to parents to browse. There are three stages in accordance with the height of urgency warning, parents can see when what word is used or not and who in conversation. It is not possible to view the message body. According to the company, a service that monitors the LINE that for the first time. 

From last fall, the company provides a monitoring service that targets the exchange other sites such as Facebook. Because there is no mechanism to allow access to information in-app to a third party, LINE has been seen monitoring similar and difficult, but temporary messages passed LINE on basic software of smartphones (OS) I pay my attention to the point that you are saving. Through a dedicated app, I have devised a mechanism to get this data. System automatically performs the analysis, the message body is not visible to the company staff. It did not get the message you send to friends from children. The use of the service, it is necessary to take a dedicated app on your smartphone with the permission of the child. Order to consider the privacy of children, mails for monitoring can reach the address of the child, it is not possible to monitor parents in secret. Children dedicated page, being able to view the warning information for the parent.
//////
LINEいじめ、親に代わり監視サービス 単語チェック

子どもが無料通信アプリ「LINE」で友達から受け取ったメッセージを、親に代わって監視するサービスが登場した。いじめや性犯罪など、LINEを使ったトラブルに子どもが巻き込まれているのを、早期に発見するのがねらいだ。

 ITベンチャー「エースチャイルド」(東京都品川区)が、6月30日から、交流サイト監視サービス「Filii(フィリー)」に、LINEを監視する新機能を加えた。「隠す」(持ち物を隠す)や「応援」(援助交際など)といった、いじめや犯罪に関係しそうな延べ約2万語を選定。子どもがLINEで受け取るメッセージの中で連続して使われると、「いじめや犯罪の可能性がある」と、親が閲覧する専用ページに警告を表示する。警告は緊急度の高さに応じて3段階あり、親は、誰との会話でいつどんな単語が使われたかを確認できる。メッセージ本文を見ることはできない。同社によると、LINEを監視するサービスは初めてという。

 同社は昨秋から、フェイスブックなど他の交流サイトを対象にした監視サービスを提供している。LINEは第三者にアプリ内の情報へのアクセスを許可する仕組みがないため、同様の監視は難しいと見られてきたが、スマートフォンの基本ソフト(OS)がLINE上でやりとりされたメッセージを一時保存している点に着目。専用アプリを通じて、このデータを取得する仕組みを考案した。解析はシステムが自動的に行い、メッセージ本文は同社スタッフにも見えない。子どもから友達に送ったメッセージは取得していない。 サービスの利用には、子どもの許可を得てスマートフォンに専用アプリを入れる必要がある。子どものプライバシーに配慮し、子どものアドレスには監視を知らせるメールが届くため、親が内緒で監視することはできない。子どもも専用ページで、親と同じ警告情報を見ることができるという。
//////