アマゾンの新スマホは、なぜ脅威なのか?一機能に秘められた「検索の王者」への野望

//////
Why new smartphone of the Amazon, whether the threat? Ambition to the "king of search" hidden in one function 

While I deal with consulting a large number of companies, business challenges and difficult no matter how complex as well, taking advantage of the special abilities that can be simplistically described decomposes the mechanism, such as a series of "Nikkei Trendy Net", Suzuki, Takahiro, who is active in a wide range of media . Such Suzuki will explain clearly, the "mechanism" such as news and trends of the topic. 

The announcements or new Smartphone (smartphone)? The person who seemed so too might be many. 

June 18, Jeff Bezos, CEO of Amazon-dot-com has announced the launch of Amazon's first smartphone of "fire phone". Launch in Japan is undecided, but the sale that starts from July 25 in the United States. AT & T is exclusive, if $ 649 (about 65,000 yen), a two-year contract is $ 199 SIM-free version price. 

If you look at the various reaction after the announcement, is scattered and speculation article This product is an expensive high-performance smartphone, that, or dont sell well, but when viewed in the perspective of strategy consultants, and fire for competing products I seem threat of phone is as awesome. 

It was considered strategically indeed, this product,'s a product which had the intention there. When that intention is successful, I will bring great changes that would dramatically changed the world. 

New features to be mounted on a fire phone key to understand it, is a "Firefly". Clue to the voice or image, this is a function to search for the original product, but the dedicated button is attached to the side panel all the way. When you start a fire fly by pressing this button, it is possible to recognize the image and sound for around a microphone and camera. For example, if you ask to be recognized Firefly the cover of the book in front of me, to jump to the sales floor of the same goods mail order site of "Amazon" on. 

Not just this. Amazon in the United States, is a shopping mall in the country's largest such as Rakuten Speaking in Japan. Are searched instantly from the product of about 70 million points based on the images and sound Firefly has recognized, are sold on Amazon, sales page is displayed. 

Once this information is released, reaction shawl over timing to buy on the net products you find in the real store is such as to increase, and is enhanced (be derived to the net from a real store user) offline to online to Amazon but it was quickly spread, the effect is the point where you do not fit in the range of only it should be noted. 

In other words, if you have a fire phone, even without a retail store, you can search at the moment when I thought "This is want" in the city. If you think a friend shoes are wearing and be nice, search on the spot. If you think the design of the dish when you have a meal in the restaurant and be nice, search on the spot. Was invited to a friend's house, goods of a mono, search on the spot where excellent saw. In this way, let alone shawl over timing, the entire world is transformed into a showroom of products. 

It's has become the specifications that can be searched by recognizing the voice with a microphone in addition to the camera in Firefly, but can also purchase BGM heard in the city by using it. Program which I had seen a little in the waiting room becomes mind, you can also search it. Movies and television shows 240,000 title so as not be identified even at present, it is possible to view on-demand program in that missed in the previous course. 

● The road to the "King of Search" 
The point is consumer layer to the purchasing behavior such how much more? And purchasing behavior is changed so, spending is whether the increase how much? It's terms. 

Suppose, that the expenditure is also significantly increase the consumer such and, if more proven, Firefly a big garbage. Because, if you can prove that the only, fire phone even without selling the rest, if you ask spread as app Firefly, Amazon because become a "king of search" instead of Google. 

In fact, the Amazon tablet is becoming the de facto e-book also "Kindle", it is only about 2% share of the tablet. But, thanks to the Kindle as an application is widespread, I have been to use the Kindle Everyone Speaking of e-books. At the same it can be said that if you can achieve the same composition, it is a success for Amazon. 

If you leave the emphasis to be on the safe side, do not need to be thought of as a sales outlet of the EC as a site only increase. Sales of the EC site also increases, but they always will be able to Amazon also for auction exhibitor EC and other players, to send customers a billing as Google. 

● Why did you choose the high-price segment dare 
Now, to prove Firefly is valid or not for the consumer, what to do? 

First, focus on consumer segment consumption too much money is to be consumed like, should I do check where Firefly might be used for the how. If selling smartphone of the high price segment with high function, paradoxically, it is not over your money to consumption much, it is possible to cut back the consumer layer serving as a noise to verify. So. The strategic thinking, to the point that intent was "I do not think sell" a product design that What was, thinking loop is back from the ordinary man in the expensive here. It is a leader of the third force that can compete Amazon, Apple and Google are expected. 

By the way, it is superfluous, but "face books Maho If you find a girl you like in the city, you can friend request on Facebook Why can not if it is released," said author Have you ever wanted to see the press release of fire phone launch of this I keep also added.
//////
アマゾンの新スマホは、なぜ脅威なのか?一機能に秘められた「検索の王者」への野望

数多くの大企業のコンサルティングを手掛ける一方、どんなに複雑で難しいビジネス課題も、メカニズムを分解し単純化して説明できる特殊能力を生かして、「日経トレンディネット」の連載など、幅広いメディアで活動する鈴木貴博氏。そんな鈴木氏が、話題のニュースやトレンドなどの“仕組み”を、わかりやすく解説します。

 また新しいスマートフォン(スマホ)の発表か? そう思われた方も多いかもしれない。

 6月18日、アマゾン・ドットコムのジェフ・ベゾスCEOが、アマゾン初のスマホ「ファイアフォン」の発売を発表した。日本での発売は未定だが、アメリカでは7月25日から販売が開始されるという。AT&Tが独占販売し、価格はSIMフリー版が649ドル(約6万5000円)、2年契約の場合が199ドル。

 発表後のさまざまな反応を見ると、この商品は割高な高機能スマホであり、あまり売れないのではないか、という推測記事が散見されるが、戦略コンサルタントの視点で見ると、競合商品にとってファイアフォンの脅威はすさまじいように思える。

 この商品は、実に戦略的に考えられた、ある意図をもった商品なのだ。そしてその意図が成功した場合、世の中を劇的に変えてしまう大きな変化をもたらす。

 それを理解するカギは、ファイアフォンに搭載される新機能「ファイアフライ」である。これは画像ないしは音声を手がかりに、元の商品を検索する機能だが、わざわざ本体側面に専用ボタンがついている。このボタンを押してファイアフライを起動すると、カメラやマイクで周囲の映像や音を認識することができる。例えば目の前の本の表紙をファイアフライに認識させれば、通販サイト「アマゾン」上の同商品の売り場にジャンプする。

 本だけではない。アメリカにおけるアマゾンは、日本でいえば楽天のような同国最大のショッピングモールである。ファイアフライが認識した画像や音声に基づき、アマゾンで販売される約7000万点の商品の中から瞬時に検索され、販売ページが表示される。

 この情報が発表されると、リアル店舗で見つけた商品をネットで購入するショールーミングが増加するとか、アマゾンへのオフラインtoオンライン(ユーザをリアル店舗からネットへ誘導すること)が強化されるといった反応がすぐに広がったが、影響はそれだけの範囲に収まらないところが着目すべき点である。

 つまりファイアフォンを持っていれば、小売店でなくても、街中で「これが欲しい」と思った瞬間に検索できる。友人が履いている靴はいいなと思ったら、その場で検索。レストランで食事をした際のお皿のデザインがいいなと思ったら、その場で検索。友達の家に招かれて、そこで見かけた優れモノのグッズも、その場で検索。こうして、ショールーミングどころか、世の中全体が商品のショールームに変貌する。

 ファイアフライではカメラに加えてマイクで音声を認識して検索できる仕様になっているのだが、それを用いれば街中で聞いたBGMも購入できる。待合室でちょっと見ていた番組が気になれば、それも検索できる。現状でも24万タイトルの映画やテレビ番組が特定できるそうなので、以前途中で見逃した番組でもオンデマンド視聴をすることができるようになる。

●「検索の王者」への道
 ポイントは、そのような購買行動をする消費者層がどれくらい増えるのか? そしてそのように購買行動が変わると、消費額がどれくらい増えるのか? という点だ。

 仮に、そのような消費者が多く、かつ消費額も大幅に増えることが証明されれば、ファイアフライは大化けする。なぜなら、そのことだけを証明できれば、あとはファイアフォンが売れなくても、ファイアフライをアプリとして普及させれば、アマゾンはグーグルの代わりに「検索の王者」になれるからだ。

 実際、電子書籍のデファクトになりつつあるアマゾンのタブレット「キンドル」も、タブレットとしてのシェアは2%程度にすぎない。だが、アプリとしてのキンドルが普及しているおかげで、誰もが電子書籍といえばキンドルを使うようになっている。それと同じ構図を実現できれば、アマゾンにとっては成功といえる。

 念のために強調しておくと、ECサイトとしての売り上げが増えるだけを出口と考える必要はない。ECサイトの売り上げも増えるが、他のECプレイヤーやオークション出品者に対して、グーグルのように送客課金をすることもアマゾンにはできるようになるわけだ。

●あえて高価格セグメントを選んだ理由
 では、ファイアフライが消費者にとって有効かどうかを証明するには、どうすればいいのか?

 そのためにまずは、消費好きで消費額が多い消費者セグメントに絞って、そこでファイアフライがどれほど使われるかを確認すればいい。高機能で高価格セグメントのスマホを販売すれば、逆説的に、あまり消費におカネをかけない、検証にはノイズとなる消費者層を足切りすることができる。そう。ここで戦略思考としては、割高で普通の人からは「売れるとは思えない」商品設計をした意図がなんだったのかという点に、思考ループが戻るのである。さすがはアマゾン、グーグルやアップルに対抗できる第三勢力のリーダーである。

 ところで蛇足だが、「街中で気に入った女の子を見つけたら、フェイスブックで友達申請できるフェイスブックスマホが発売されればいいのに」と、筆者は今回のファイアフォン発売の記者発表を見て思ったことも付け加えておく。

//////