使いすぎ注意!スマホによる「脳腫瘍リスク」回避のポイント8つ

//////
Overuse Attention! The two point eight by smartphone of "brain tumor risk" avoidance 

Smartphone and mobile phone Did not have to look like the part of the body already? When going out, people even out of your wallet, not forget the mobile phone seem to be many. 

In this way, it is me who is dependent on the mobile phone to the hilt, but I would really safe? Risk of mobile phone use has to be transmitted from before, but what about in fact? 

In this study, I will tell you the hint that you refer to the article information site for English-speaking "BERNSTEIN LIEBHARD / CONSUMER INJURY LAWYERS", reduce the risk of mobile phone use and risk of brain tumors. 

 

■ Damage to the brain caused by electromagnetic waves 

Everyone, that the mobile phone is emitting an electromagnetic wave is not it you know? It has been found to be very little, but in the degree of electromagnetic waves, changing the blood of human beings, and that affects the brain. 

Because it is in the growth stage, you do not want to use for a long time in the brain, especially children. 

 

■ investigation of WHO 

Tolerance of the average amount of energy of the radio waves is absorbed by the human body when you call with a mobile phone has been fixed, but (SAR / specific absorption rate until 1.6W/kg in the United States), still due to survey the WHO (World Health Organization) and, the relationship between cancer such as undeniable. 

In particular, the more people who use it for a long time, risk of brain cancer, glioma, acoustic neuroma, and meningitis is so high.

In addition, a survey of Mayo General Hospital in the United States, it says the use of 30 minutes or more, the rate applied to the glioma and jump twice a day. 

 

■ Notes of mobile phone use 

So, I would prevent the risk of brain tumor that these do not you? 

If you can (1), is not used for more than 30 minutes a day. 

(2) head, to use it as far away as possible. 

When (3) is not being used, turn off the power. 

Used in the speaker or (4) headset,. 

Than (5) chat, and email. 

Where radio waves (6) e is difficult to reach, is not used. 

As much as possible (7), and not used for the child. 

When you buy (8) mobile phone, check (specific absorption rate) is how much such SAR, buy low as possible. 

 

How was it? Risk and more is to brain cancer with the use of mobile, was the way of the eight around it. 

Mobile phone is what can be called the necessities of life now. But, too much use can potentially lead to dire consequences, such as brain tumors. The child, Please give careful enough in particular.
//////

使いすぎ注意!スマホによる「脳腫瘍リスク」回避のポイント8つ

ケータイやスマホがすでに体の一部のようになってはいませんか? 外出時に、お財布は忘れても、ケータイは忘れないという人が多いようです。

このように、ケータイにどっぷりと依存している私たちですが、本当に安全なのでしょうか? 以前からケータイ使用の危険性は伝えられてはいますが、実際のところはどうなのでしょう? 

そこで今回は、英語圏の情報サイト『BERNSTEIN LIEBHARD/CONSUMER INJURY LAWYERS』の記事を参考にして、ケータイ利用の危険性と、脳腫瘍のリスクを下げるヒントをお伝えいたしますね。

 

■電磁波による脳へのダメージ

みなさん、ケータイが電磁波を発していることはご存じですよね? ごくわずかですが、その程度の電磁波でも、人間の血液を変化させ、脳に影響を与えるということがわかっています。

とくに子どもの脳は成長段階にあるため、長時間の使用は望ましくありません。

 

■WHOの調査

ケータイで通話する際に人体に吸収される電波の平均エネルギー量の許容値は決まっていますが(アメリカではSAR/比吸収率が1.6W/kgまで)、それでもWHO(世界保健機関)の調査によると、ガンとの関係は否定できないとか。

とくに、長時間使用する人ほど、脳腫瘍、神経膠腫、聴神経腫瘍、髄膜炎などにかかるリスクが高くなるそうです。

また、アメリカのMayo総合病院の調査では、1日に30分以上の使用で、神経膠腫にかかる率が2倍に跳ね上がるといっています。

 

■ケータイ使用の注意事項

では、どうしたらこういった脳腫瘍のリスクを防げるのでしょうか? 

(1)できれば、1日に30分以上は使用しない。

(2)頭から、できるだけ離して使う。

(3)使っていない時は、電源をオフにする。

(4)ヘッドセット、またはスピーカーにして使う。

(5)おしゃべりよりも、メールにする。

(6)ケータイの電波が届きにくいところでは、使用しない。

(7)できるだけ、子どもには使わせない。

(8)ケータイを買う時に、SAR(比吸収率)がどれくらいなのか確認して、できるだけ低いものを買う。

 

いかがでしたか? 以上がケータイの使用で脳腫瘍になるリスクと、それを回避する8つの方法でした。

ケータイは、今では生活必需品ともいえるものです。ですが、使用し過ぎは、脳腫瘍といった恐ろしい結果を招きかねません。とくにお子さんには、十分気をつけてあげてくださいね。
//////