ソニー、2015年よりテレビに「Android TV」を全面採用へ

//////
Full to adopt "Android TV" in Sony TV, from 2015 



Answer to interview about the TV business in the new company, and reiterated the TV business surplus in the 2014 fiscal year, Imamura Masashi, who will serve as the new president television subsidiary of Sony to be launched from July 1 of the "Sony Visual Products" is further , from fiscal 2015 as the OS of BRAVIA, was announced developer conference June 25 (local time), was held in San Francisco in "Google I / O 2014", TV platform for using Android to "Android TV" it was stated that it adopted the entire surface. 



"Sony. Google I that warp weft, the value of Sony's unique, to advance the work going weaving strong cloth those of horizontal division of labor, such as the. Liquid crystal panel I would like to be the" tapestry "the TV business in the future / to many lines of BRAVIA of. fiscal 2015 that I was also participating, to adopt the Android L to O. impossible that Sony itself, to develop a new OS now. those customers easy-to-use bench . 3 years ago, I want to go to match the BRAVIA to Andorid L that. Google to choose as the weft is proposed, and gave the world was using the Android together with Google to "Google TV", but with at that time, but also the environment of Google whole and collaboration in the ecosystem and Google. Sony environment Sony also has changed, but I want to do well be where they weave the warp. above all, or you can use for the TV happily How convenient to you important. I can not described in detail, to proceed in such policy "

As for the TV business surplus in the 2014 fiscal year in the new company, "As for me himself, we believe that it is possible as long as there are no factors such as natural disaster" and did on confident, "Visual Products a" company name ". profitable after that said in-house it is, and I did not put a TV dare,. BRAVIA and, want to be a window to reflect the excitement for making things reflect the new value, in Tokyo before the Olympics, TV new definition it was also revealed in the future policy to be "want to make.
//////
ソニー、2015年よりテレビに「Android TV」を全面採用へ



7月1日より発足するソニーのテレビ子会社「ソニービジュアルプロダクツ」の新社長に就任する今村昌志氏は、新会社でのテレビ事業に関する取材に答え、2014年度のテレビ事業黒字化を改めて強調、さらに、2015年度からBRAVIAのOSとして、6月25日(現地時間)、サンフランシスコで開かれた開発者会議「Google I/O 2014」で発表された、Androidを使ったテレビ向けプラットフォーム「Android TV」を全面採用すると明言した。



「ソニーはこれからのテレビ事業を『タペストリー』のようにしたい。液晶パネルのような水平分業のものを横糸、ソニー独自の価値を縦糸に、強固な布を織っていく作業を進めたい。Google I/Oには私も参加していた。2015年度のBRAVIAの多くのラインに、Android Lを採用する。今ソニー自身が、新しいOSを開発することはあり得ない。お客様がベンチで使いやすいものを横糸として選ぶ。Googleが提唱するAndorid LにBRAVIAをあわせていきたい。3年前、Googleと一緒にAndroidを使った『Google TV』を世に出したが、その時とは、Google全体の環境も、ソニーの環境も変わっている。ソニーとGoogleはエコシステムで協業するが、そこで縦糸を織ることはしっかりとやっていきたい。なにより、お客様にどのように簡便で楽しくテレビを使っていただけるかが重要。詳細はご説明できないが、そういう方針で進める」

 また、新会社での2014年度のテレビ事業黒字化については「私本人としては、天災などの要因がない限り可能だと考えている」と自信を見せた上で、「社名を『ビジュアルプロダクツ』とし、あえてテレビとつけなかったのは、新しい価値を映し出すものを作るため。BRAVIAは感動を映し出す窓になりたい、と社内では言っている。黒字化後、東京オリンピック前には、新しい定義のテレビを作りたい」と今後の方針も明かした。
//////