どうするヤフー!  アップル、グーグル、マイクロソフトをめぐって・・・・(ヤフーが検索戦線に復帰するためには)

アップル、グーグル、マイクロソフトをめぐって・・ヤフーは・・(ヤフーが検索戦線に復帰するためには)
//////
(Apple, Google, and Concerning Microsoft ...) In order for Yahoo! to return to the search front
//////
In order for Yahoo! to return to the search front ( to " persuade " the Yahoo search tour of Apple)

Apple , may Kuzuseru thrust a strong defense of online information retrieval of Google maybe .

For Yahoo to return to the search front

Winner in web search 's Google obviously , but since transferred to Microsoft in 2009 , web search ( Yahoo seems to think Yahoo is or not leave the results in the market even a little still is not present in substantially but he ) .

According to the reports Kara Swisher of Recode, you seem to think Yahoo wants to Yahoo! Search default search engine of iOS devices iPad, iPhone and other and to persuade Apple . This strategy would those utilizing outs Google and Apple recently. Apple has expelled from the home screen of the iPhone and YouTube Google Map in 2012 .

This strategy makes sense really . For Yahoo product , Windows device and Microsoft Android device from Google will be there out of reach .

Swisher , reported, " Apple plans to adopt mobile search partner Yahoo CEO Marissa Mayer push seems smooth " he said. According to people familiar with Yahoo , " you are ready for more ( presentation ) of the appearance of the product search , Yahoo , wants a proposal to Apple executives " like .

I felt a little pushy this plan . It has been reported even after you have transferred to Microsoft web search technology , Yahoo is working to improve the technology , but because do not think it is a Ubaeru from Google the seat of " web search engine that is the most reliable ."

But it might be because you've defined in the same point of view with Google what we would find . Best way of Yahoo , would be to not follow the way of Google .

Transition to mobile
There is a loophole in the agreement with Microsoft on Yahoo search , Yahoo is able to connect freely contract for mobile search thanks to that . Yahoo! 's can be used to help Apple by using conveniently this loophole , and outsmart Google .

In mobile devices , people do not search the web page too . Are you searching it's application .

App Store of Apple has spawned billions of dollars in revenue , but to recommend the related apps that consumers will want to download it is not good at . At the same time , user and doing a search beyond the framework of the application it is almost impossible . This is because the technology to search as a web page the app , because have not been developed for the mainstream yet .

Recently, to simplify in-app search to update the Android, Google was to be able to put a direct link to a specific location on the app . This is a technique called "deep links" . In order to now can be included in the results of their application , Android developers are displayed directly on the web to search for such links . The user can navigate to a specific page of the app by this .

Search by application called deep links , how marketers and developers to deliver applications will be completely changed . In the same way as the current web site , application must be made ??to be optimized for search . But thanks to this kind of search , Importantly , the user would be so easy to find than ever related applications .

Apple does not have a search engine such . This is a major disadvantage for both consumers and developers . The technology of Yahoo , it is possible that Google's as did the Android just to rebuild the eco- system of iOS.

And Yahoo may be extended to the desktop this technology . By another loophole that exists to deal with Microsoft , Yahoo is able to provide a ( context ) search context . In response to a search query , instead of a list of links to web pages and they provide information that has been formatted . For example, if you search for " weather " , rather than a list of weather forecast site , it is to display the current temperature .

As contextual answers to queries, provide a link -related application from desktop search , Yahoo , urges to download . It's a match firmly the challenges of a large number of developers and Apple .

Providing information in an instant
Search application is in the field of developing still . And , (Sparq and Aviate) start-up of two Yahoo recently acquired , may spur the re- invention of the Yahoo search with a focus on application .

Aviate is known as the " intelligent home screen" applications . Redistributing the application of Android home screen , it's to provide when the user needs , the application required by the user . For example , you can use the Twitter often in the morning , then , if you are looking at Facebook, Aviate was placed in the middle of the front of the Twitter, by switching to Facebook it by the time you leave the office in the afternoon by train of returning home give me .

It becomes such technology or Aviate is to be mounted on iOS eventually , then it is going to be the default application manager in all Apple devices . The priority view important application when the user needs , applications used less frequently becomes possible to provide the experience more personalized , by hiding the background . Technology Aviate would be adapted widely infrastructure of the application search engine .

Mobile marketing company that was acquired by Yahoo in January , Sparq is offering a technology that can be moved to the application from the application via a deep link to the user. Service had been stopped Sparq products , but to integrate the technology in its underlying Yahoo 's clear . In conjunction with Aviate, without the need to leave the search bar , users will be easier to discover mobile content . It's something that Apple is determined by extension and Yahoo exactly what this .

Mapping method of the app ?
In order for Yahoo! to be successful in the app search , API of them asked to to to access the yahoo to convince the developers first , will need to get to choose Yahoo as part of the mobile search .

In Yahoo alone , you might struggle to get to share the data the app developers . However , to build such a service can appeal to mobile developers , Apple also if the alliance further , developers will get to approach a monetary interest in mobile search engine Yahoo . It not only allowed to retrieve the app to Yahoo , they may advertise in the product of their own Yahoo search .

The search application , a further step is required in terms of developers to build the relevance of application and web site . First, we need a filter that specifies how the web site , to reach the page content in the application . Then , the filter that tells exactly how to be opened in the application the information is required . Google has introduced in the developer's site for the details of the technology used in Android. Be constructed for developer tools that are similar to this is , is one of the challenges of Yahoo .

By implementing the mobile search and search context , Yahoo will be able to provide a mobile search engine to be presented to the user at the right time the appropriate application . Future , this is something that is necessary for Apple to compete with Google .

Of course , Apple is not to tie-up with Yahoo just because Mayer has a beautiful slide show to executives who Apple . By performing a search partnership with Yahoo , yet Apple is going to avoid having to offer through their own devices , billions of dollars advertising business to the biggest rival .

In the future , it may be realized by Apple and Yahoo , columnist for TechCrunch, Shigura was saying the " iPhone a Google -free " . It's a high-risk gamble . However , Apple and Yahoo is not out on this bet , it means that in the same way as when the web , it may allow the runaway of Google in app search
//////
ヤフーが検索戦線に復帰するためには(アップル、グーグル、マイクロソフトをめぐって・・)
//////

ヤフーが検索戦線に復帰するためには(ヤフー 検索巡りAppleを「説得」)

もしかしたらアップルは、グーグルのオンライン情報検索の強固な守りを突き崩せるかもしれない。

ヤフーが検索戦線に復帰するためには

ウェブ検索における勝者は明らかにグーグルだが、ヤフーはまだ少しでも市場で結果を残せないかと考えているようだ(ヤフーのウェブ検索は、2009年にマイクロソフトに譲渡して以来、実質的には存在しないのだが)。

Recode のカラ・スウィッシャーの報道によると、ヤフーはアップルを説得して iPhone や iPad、その他の iOS デバイスのデフォルト検索エンジンをヤフー検索にしたいと考えているようだ。この戦略は、最近のアップルとグーグルの不仲を利用したものだろう。アップルは2012年にグーグル・マップと YouTube を iPhone のホーム画面から追放している。

この戦略は実に理にかなっている。ヤフー製品にとって、グーグルの Android デバイスやマイクロソフトの Windows デバイスは手の届かない存在だろうから。

スウィッシャーは、「ヤフー CEO マリッサ・メイヤーが推し進めるモバイル検索パートナーへのアップル採用計画は順調なようだ」と報じた。ヤフーに詳しい人々によると、「ヤフーは、検索プロダクトの外観などの詳細(プレゼンテーション)を準備をしていて、アップル幹部への提案を望んでいる」らしい。

このプランは少々強引に感じられる。ヤフーはウェブ検索技術をマイクロソフトに譲渡したあとも、この技術の改良に取り組んでいると報じられているが、「最も信頼されるウェブ検索エンジン」の座をグーグルから奪えるとは思えないからだ。

しかしそれは、我々が検索というものをグーグルと同じ視点で定義してしまっているせいかもしれない。ヤフーの最善策は、グーグルのやり方に追随しないことなのだ。

モバイルへの移行
ヤフー検索に関するマイクロソフトとの契約には抜け道があり、そのおかげでヤフーはモバイル検索に関する契約を自由に結ぶことができる。ヤフーはこの抜け道を都合良く利用してアップルの手助けをし、グーグルを出し抜くことができるのだ。

モバイルデバイスでは、人々はあまりウェブページを検索していない。検索しているのはアプリだ。

アップルの App Store は何十億ドルもの収益を生んでいるが、消費者がダウンロードしたいであろう関連アプリを推薦するのは得意ではない。同時に、ユーザがアプリの枠を超えた検索を行うのはほぼ不可能である。なぜなら、アプリをウェブページのように検索するテクノロジーは、まだメインストリーム向けには開発されていないからだ。

グーグルは最近、Android をアップデートしてアプリ内検索をシンプル化し、アプリ内の特定の場所に直接リンクを貼れるようにした。これは「ディープ・リンク」と呼ばれる手法だ。Android 開発者たちは、自分たちのアプリケーションを検索結果に含めることができるようになったため、こうしたリンクをウェブ検索に直接表示している。これによってユーザは、アプリ内の特定のページに移動できる。

ディープ・リンクと呼ばれるアプリ検索によって、開発者やマーケターがアプリケーションを配信する方法は一変するだろう。現在のウェブサイトと同じように、アプリも検索に向けて最適化されるようになるに違いない。しかし重要なのは、この種の検索のおかげで、ユーザが関連アプリケーションをこれまでよりも簡単に見つけられるようになることだ。

アップルはこのような検索エンジンを持っていない。これは、開発者と消費者の両方にとって大きな不利益である。ヤフーのテクノロジーは、ちょうどグーグルが Android でそうしたように、iOS のエコシステムを再構築する可能性がある。

そしてヤフーはこのテクノロジーをデスクトップにまで拡張するかもしれない。マイクロソフトとの取引に存在するもう一つの抜け穴によって、ヤフーはコンテキスト(文脈)検索を提供することができる。検索クエリに応じて、ウェブページへのリンク一覧の代わりに、フォーマット化された情報を提供するのだ。例えば「天気」で検索すると、天気予報サイトの一覧ではなく、現在の気温を表示するのである。

ヤフーは、クエリに対する文脈的回答として、デスクトップ検索から関連アプリのリンクを提供し、ダウンロードを促す。これはアップルと大勢の開発者の課題にしっかりと合致するものだ。

瞬時に情報提供
アプリ検索はまだ発展途上の分野である。そして、ヤフーが最近買収した二つのスタートアップ(Aviate と Sparq)が、アプリを中心としたヤフー検索の再発明に拍車をかけるかもしれない。

Aviate は「インテリジェント・ホームスクリーン」アプリケーションとして知られている。Android ホームスクリーン上のアプリケーションを再分配し、ユーザが必要とするアプリを、ユーザーが必要とするときに提供するのだ。例えば、もしあなたが朝によく Twitter を使用し、帰宅時の電車では Facebook を見ている場合、Aviate は Twitter を前面の中央に配置し、午後にオフィスを出る頃にはそれを Facebook に切り替えてくれる。

もし Aviate あるいはそのようなテクノロジーが最終的に iOS に搭載されるとなれば、それはアップルのあらゆるデバイスにおいてデフォルト・アプリケーション・マネージャになるだろう。ユーザが必要とするときに重要なアプリを優先表示し、使用頻繁の低いアプリケーションは背景に隠れることで、よりパーソナライズされたエクスペリエンスの提供が可能となる。Aviate のテクノロジーは、アプリ検索エンジンのインフラにも広く適合することだろう。

Sparq は、一月にヤフーに買収されたモバイルマーケティング会社で、ユーザがディープ・リンクを介してアプリからアプリへと移動できるテクノロジーを提供している。Sparqの製品はサービスが停止されてしまったが、ヤフーがその根底にあるテクノロジーを統合することは明らかだ。Aviateと合わせて、ユーザは検索バーを離れる必要なしに、モバイルコンテンツを発見しやすくなるだろう。これこそまさしくヤフーが、そして拡大解釈すればアップルが、求めていることなのだ。

アプリのマッピング方法は?
ヤフーがアプリ検索で成功するためには、まず開発者たちを説得して彼らのAPIがヤフーにアクセスするようにしてもらい、モバイル検索の一部としてヤフーを選んでもらう必要があるだろう。

ヤフー単体では、アプリ開発者たちにデータを共有してもらうのに苦労するかもしれない。しかし、モバイル開発者にアピールできるようなサービスを構築し、さらにアップルとも提携すれば、開発者たちはヤフーのモバイル検索エンジンに金銭的な関心を寄せるようになるだろう。彼らはヤフーにアプリの検索を許可するだけでなく、ヤフー検索を自らのの製品内で宣伝するかもしれない。

アプリ検索には、開発者たちがウェブサイトとアプリの関連性を構築する上で更なるステップが求められる。まずはウェブサイト上に、アプリケーション内のページコンテンツに到達する方法を指定するフィルターが必要だ。次に、その情報がアプリケーションで開かれる方法を正確に伝えるフィルターが必要となる。 グーグルは、Androidに用いた技術の詳細を開発者向けのサイトで紹介している。これに類似したツールを開発者のために構築することが、ヤフーの課題の一つだ。

コンテキスト検索とモバイル検索を実現することで、ヤフーは適切なアプリケーションを適切なタイミングでユーザに提示するモバイル検索エンジンを提供できるようになるだろう。これは今後、アップルがグーグルと競争するために必要となるものだ。

もちろん、メイヤーがアップルの重役たちに美しいスライドを見せたというだけでアップルはヤフーと提携するのではない。ヤフーとの検索パートナーシップを行えば、アップルは最大のライバルに対して何十億ドルという広告ビジネスを、しかも自身のデバイスを経由して提供しなくても済むようになるだろう。

将来的には、TechCrunchのコラムニスト、シーグラーが言っていた「グーグル・フリーな iPhone」を、ヤフーとアップルで実現させるかもしれない。それはハイリスクな賭けだ。しかし、ヤフーとアップルがこの賭けに出なければ、ウェブのときと同じように、アプリ検索でもグーグルの独走を許してしまうことになる

//////