働かない働きアリ 集団存続に必要 働きアリだけは滅びる


「働かない働きアリ」は集団存続のための重要な「フェイルセイフ機構」だった


今朝から話題の「働かない働きアリ」の役割について、元論文からもう少し詳細に読み解いてみます。

2月17日の毎日新聞の朝刊などで話題となっているのが「怠けアリ 集団存続に貢献 勤勉アリの「交代要員」北大など確認」という記事で「Scientific Reports」に発表された長谷川英祐・北海道大准教授らのチームによる論文についてのもの。
ネットでは「『一億層活躍社会』を一刀両断する結果だ」「人間はまた違う」など多くの意見が見られますが、じっくり見るとどういうことになっているのでしょうか。
研究チームは社会性昆虫の集団の中に何割かの働かない個体が存在していることから、集団としての生産性を下げているはずのそれらの個体がなぜ存在しているのかを研究。長期的には働かない個体の存在が働きものの個体の「代替要員」となり、集団の存続に大きな役割を果たしていることを示しています。
研究チームはアリを用いて実験を行いましたが、それぞれの働きアリには集団が行うべき仕事に対して反応する閾値に差があるとのこと。どの程度その仕事が差し迫り、他にその仕事を行うアリがいないかで働き始めるタイミングが働きアリごとに違うということ。
その閾値が全方位的に高めな、つまりかなりの差し迫った状況にならないと働き出さないアリが実験などで観測される「働かない働きアリ」であるということ。これだけ見れば「怠けアリ」という呼称も致し方ないように見えます。
しかし、こうした「働かない働きアリ」がその真価を発揮することがあります。それはアリの集団にとって大規模な災害が発生し、他の働きアリたちが対応に追われて疲弊し、一度に休息が必要になった場合です。
アリの集団では卵の掃除と幼虫のケアが極めて大切な、いっときも休むことのできない仕事です。特に卵は細菌に感染すると死んでしまい、ごく短期間でも目を離すことができません。
そうした常時働き手が必要な仕事が存在している時、全てのアリが災害対策で疲弊して働けないと、一度に多くの卵や幼虫が死んでしまい、集団存続に極めて大きな悪影響を及ぼす可能性があります。
その緊急時に「働かない働きアリ」たちがついに本気を出し、働きものたちの「代替要員」として最も大切な仕事を担うことになるのです。研究チームは「働かない働きアリ」の存在を「フェイルセイフ機構」と呼んでいますが、まさにその呼び名がふさわしいと言えそうです。
実験でも同じような閾値の働きアリだけを集めた集団よりも、多様な閾値を持つ働きアリの集団の方が、より長く持続したことが示されています。短期的には生産性を押し下げることになる「働かない働きアリ」は、中長期的に見れば代替要員として集団の持続性を高める「フェイルセイフ機構」としての役割を持っていると結論付けられます。
思わず人間社会にも当てはめてみたくなる研究ではありますが、いくつか注意点があります。まずは「働かない働きアリ」が集団の最も大切で常時働き手が必要な仕事を担うスキルを(生まれながらに、ですが)持っているということ。そして本当に働き手が必要な緊急時にはしっかりとその役割を果たしているということです。
日本社会や人間社会といった大きな集団にそのまま当てはめると、あまりに多様過ぎるために実際の結果と異なってきてしまいそうです。むしろ会社などの組織に関してはアリたちのこうした習性に学ぶところは少なくないと言えそうですが、いかがでしょうか?
Lazy workers are necessary for long-term sustainability in insect societies Scientific Reports

/////

働かない働きアリ 集団存続に必要 働きアリだけは滅びる

北海道大などの研究チームが発表

 コロニー(集団)の中に必ず2?3割いる働かない働きアリは、他のアリが疲れて動けなくなったときに代わりに仕事をし、集団の長期存続に不可欠だとの研究成果を、北海道大などの研究チームが16日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。

これまでの研究で、働くアリだけのグループを作っても、必ず働かないアリが一定割合現れることが確認されている。仕事をする上では非効率な存在で、働かないアリがいることが謎だった。

 自然界では、働きアリが全て同時に働かなくなると、必要な卵の世話が滞ってそのコロニーが滅びてしまう。チームは日本全国に生息するシワクシケアリを飼育し、1匹ずつ異なる色を付けて個体識別した上で1カ月以上にわたって8コロニーの行動を観察。最初よく働いていたアリが休むようになると、働かなかったアリが動き始めることを確認した。

 さらに、コンピューターシミュレーションで、1コロニー75匹の働きアリが全て同じようによく働き、疲れがたまるペースも一緒のケースと、働き度合いがばらばらのケースを比較。勤勉なアリだけのケースでは一斉に疲労で動けなくなってコロニーが滅びてしまうのが早く、働かないアリがいる方が長続きする傾向があった。

 チームの長谷川英祐・北海道大准教授(進化生物学)は「働かないアリを常駐させる非効率的なシステムがコロニーの存続に欠かせない。人間の組織でも短期的な効率や成果を求めると悪影響が出ることがあり、組織を長期的な視点で運営することの重要性を示唆する結果ではないか」と話す。

/////
怠けアリにも役割あった!働き者が疲れたら交代・・・ コロニー維持の知恵

働きアリの集団(コロニー)の中に一定割合で必ず怠けアリが存在する。実は働きアリが疲れたときの交代要員だったという毎日新聞の記事を「新聞チェック」コーナーで伝えた。北海道大学などの研究チームが16日(2016年2月)に「サイエンティフィック・リポーツ」に発表したという。

研究者「人間の組織も同じことです」

   日本全国に生息するシワクシケアリを1匹ずつ色分けし、8つのコロニーに分けて飼育して行動を観察した。すると、働いていたアリが休むと、代わって怠けアリが働き始めることが確認できたという。

   研究チームの北海道大・長谷川英祐准教授(進化生物学)は、「人間の組織も短期的な効率や成果を求めると悪影響が出ます。組織を長期的な視点で運営することの重要性を示唆していると思います」と話している。

   コメンテーターの浜田敬子(「AERA」編集長)「働かない理由があるんですね。でも、会社で働かない怠けおじさん、いるだけでイライラするんですよね。みんあが疲れている時も、空気読めず早く帰っちゃうんですよ」

   人間コロニーで働かないのはコロニーのあり方そのものに問題があるからじゃないのか。

/////
「働かないアリ、集団の絶滅防ぐ」…北大チーム

アリの集団が長期間存続するためには、働かないアリが一定の割合で存在する必要があるとの研究成果を、北海道大の長谷川英祐准教授らのチームが16日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。

長谷川准教授は、「普段働かないアリがいざという時に働いて、集団の絶滅を防いでいる」と話す。

 これまでの研究で、アリの集団には常に2~3割、ほとんど働かないアリが存在することがわかっている。働くアリだけを集めても一部が働かなくなり、働かないアリだけを集めると一部が働き始めるが、その理由はナゾだった。

 チームは、様々な働き方のアリの集団をコンピューターで模擬的に作成、どの集団が長く存続するかを調べた。その結果、働き方が均一な集団よりも、バラバラの集団の方が長く存続した。働くアリが疲れて動けなくなった時に、普段は働かないアリが代わりに働き始めるためだ。

 実際に8集団1200匹のアリを観察すると、働くアリが休んだ時、それまで働いていなかったアリが活動し始めることが確認できたという。

/////