2015年の新語・流行語大賞が発表 「爆買い」「トリプルスリー」他に決定!

2015年12月1日、今年の新語・流行語大賞が発表され、年間大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」に決まった。トップテンの入賞語や、その他のノミネート語に関する記事をピックアップして以下にまとめて掲載する。ページ後半には、これまでの流行語の移り変わりを分析した記事を取り上げた。

 本年の年間大賞となった「爆買い」という言葉は、主に中国人訪日旅行者が高額商品や日用品を大量に購入することを指す。訪日時の買い物でよく買われるアイテムは、1位が化粧品、2位がデジタル家電、3位が服・靴・鞄などのアパレル関係だという。

■「爆買い」(年間大賞)

中国人“爆買い”はブームで終わらない

野村総合研究所は、「中国人訪日旅行者の実態とニーズ」に関する調査結果を発表した。(1)中国が低成長になったとしても1人あたりGDPは増加しており、今後も中国人旅行者は増加傾向にあると予測されること、(2)中国人訪日旅行者の約4割が10~20万円の買い物をしており、その割合は世帯収入によらないことなどを理由に、“爆買い”は一時のブームではなく今後も続くとの見込みを示した。今後、中国人訪日旅行者を増やすためには、フリーWi-Fiの拡大や中国語対応がカギになるとする。

同じく大賞の「トリプルスリー」は、プロ野球で一人の選手が打率3割以上、本塁打30本以上、盗塁30個以上の成績を記録したことを表す言葉だ。本年はソフトバンクの柳田悠岐選手とヤクルトの山田哲人選手がそろって達成している。

■「トリプルスリー」(年間大賞)

青島健太:「トリプル3」の選手がいるチームが優勝する!?

プロ野球の求める理想の選手(野手)とは、どんな選手か? 今シーズンの優勝チームから、そんなことを考えてみたい。9月上旬に早々と優勝を決め、史上最速でパ・リーグを制した福岡ソフトバンクホークス。柳田悠岐、内川聖一、李大浩、松田宣浩と続く3番から6番までの打線の破壊力は12球団一といえるだろう。



■新語・流行語トップ10(敬称略)

●トリプルスリー

柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

山田哲人(東京ヤクルトスワローズ)

●爆買い

羅怡文(ラオックス社長)

(以上、年間大賞)


●アベ政治を許さない

澤地久枝

●安心して下さい、穿(は)いてますよ。

とにかく明るい安村(お笑い芸人)

●一億総活躍社会

安倍晋三(首相)

●エンブレム

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

●五郎丸(ポーズ)

五郎丸歩(ラグビー日本代表)

●SEALDs

奥田愛基(SEALDsメンバー)

●ドローン

野波健蔵(千葉大特別教授)

●まいにち、修造!

松岡修造(元プロテニスプレーヤー)
/////
今年の漢字は「安」、清水寺で発表 2位は「爆」


「Yahoo!検索大賞2015」発表、2015年に検索数が急増したのは「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」


YouTube年間ランキング、エグスプロージョンが圧勝 MVはゲスが健闘


2015年のJCJK流行語ランキング、流行語第1位は「安心してください」
/////