羽生が“羽生超え”フリー限りなく満点に近い出来栄え
羽生結弦 歴代最高更新、330.43点 aca
(フィギュアスケート  羽生結弦 スケッチ)

フィギュアスケート(最近・最新) ニュース 366 GPS APS SS

フィギュアスケートGPファイナル最終日(2015年12月12日 スペイン・バルセロナ)

 14年ソチ五輪金メダリスト・羽生結弦(ゆづる、21=ANA)が“神の領域”のさらに先へ進んだ。男子フリーで219.48点、合計は330.43点で、ともに自身がNHK杯でマークした世界歴代最高得点(フリー216.07点、合計322.40点)を更新。2位のハビエル・フェルナンデス(24=スペイン)にファイナル史上最大の37・48点差をつけ、男子初の3連覇を飾った。宇野昌磨(17=中京大中京高)は276.79点で3位、村上大介(24=陽進堂)は235.49点で6位だった。


 羽生が泣いていた。本人ですら、理由が分からずに。大歓声に包まれ、NHK杯の世界最高得点を上回る330.43点を知ったキス&クライ。隣で喜ぶオーサー・コーチに向かってつぶやいた。「Why am I crying?(なぜ僕は泣いているんだろう?)」。表彰式を終えて少し落ち着きを取り戻すと、「安ど感」という涙の理由にたどり着いた。

 「NHK杯は“やった?”って素直に喜べた。今回は“良かった”って感じで、ホッとした」

 内的と外的、2つの重圧に押しつぶされる寸前だった。NHK杯から2週間。「世界記録に追われて演技した感じ。自分で自分を追い込んでいた」。自身の前に滑った地元スペインのフェルナンデスが好演技を披露。イヤホンで耳をふさいでいても、観衆の興奮が伝わってくる。「ハビエル(フェルナンデス)が200点超えたし、“やべえな”って」。熱狂が冷めない中、フリー「陰陽師」がスタート。抱いていた不安は、時の経過とともに消えた。

 「フリーをやっている最中に吹っ切れた。今できることをしっかりやればいいと思えた。最後まで気を抜かずにできた」

 3度の4回転をはじめ、ジャンプを全て完璧に成功。ステップは10日のSPに続いて最高難度のレベル4に届かずレベル3だったが、技術点の出来栄え評価で25.73点も加点。演技点も9点台後半がズラリ。りりしい表情で真っすぐ前を見据えて演技を締めくくると、視線の先には新たな世界が広がっていた。

 「評価されたことはうれしいけど、ステップが取れていない。もっと練習していかないと」

 中国杯での激突事故、腹部手術と逆境の連続だった昨季、羽生は実感を込めて言った。「壁の先には壁しかない」。今季のNHK杯での世界最高得点もまた、一つの壁になるはずだったが、すぐに乗り越えた。もはやライバルは自分だけ。周囲にはそう映っても、「そんなことない、そんなことない。ハビエルの演技にビビりましたもん」と否定する。憧れの絶対王者・プルシェンコを超えるファイナル3連覇にも、達成感はない。

 「自分はまだ“絶対王者”の響きに合っているスケーターじゃないと思っている。常に1位であり続けたいし、納得できるパフォーマンスがしたい」

 現在のプログラム(フリー)でMAXとなる225.79点の約97.2%を獲得しても、まだ道半ば。勝利に対する執着、完璧な演技への渇望を原動力に、羽生は進む。誰も想像できない、黄金の未来へ??。

 【羽生の記録アラカルト】

 ☆世界最高得点 SP110.95点、フリー219.48点、合計330.43点は全てNHK杯でマークした自身の記録を更新。更新幅はSPが4.62点、フリーが3.41点、合計は8.03点。

 ☆3連覇 男子では史上初。女子ではスルツカヤ(ロシア)が達成している。

 ☆2位との点差 37.48点差はファイナル史上最大。これまでは04年大会の1位・プルシェンコ(251.75点)、2位・バトル(216.65点)の35.10点差が最大だった。
/////
「羽生結弦3連覇」瞬間最高は仙台地区31.7%

羽生結弦選手が世界歴代最高点で3連覇を果たした「フィギュアスケートグランプリ(GP)ファイナル」(13日夜、テレビ朝日系)の平均視聴率が、関東地区(午後7時25分から)で20.7%だったことが14日、ビデオリサーチの調べで分かった。


 羽生選手の出身地、仙台地区(同)は24。3%、関西地区(午後6時57分から)は18。2%だった。

 瞬間最高視聴率は関東地区で29。2%、仙台地区で31.7%、関西地区で28.5%。いずれも羽生選手の演技終盤から表彰式にかけての時間帯だった。

/////
「下町ロケット」視聴率18・2%、フィギュア羽生V3は20・7%

俳優の阿部寛(51)が主演を務めるTBS連続ドラマ「下町ロケット」の第9話が13日、15分拡大版で放送され、平均視聴率は18・2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが14日、わかった。

  第8話で記録した今年の民放連ドラ最高の20・4%には届かなかったが、来週の最終回に向け、依然高い数字を維持している。最終回に今年の民放連ドラの最高記録を更新するかが注目が集まる。

  第9話では、新型人工弁の開発でも追い詰められた佃製作所が、ライバル会社のデータ偽造疑惑が浮上し反撃を予感させる。追及するジャーナリスト役として、元フジテレビ高島彩アナウンサー(36)が登場した。

  またこの日、同時間帯にテレビ朝日で放送された「フィギュアスケートグランプリファイナル世界一決定戦2015」(午後7時25分~10時10分)が平均20・7%を記録。さすがの「下町ロケット」も羽生結弦(21=ANA)の3連覇にはかなわなかった。


/////
2015年一番面白かったドラマランキング!2位は意外な「デスノート」


2015年総まとめランキングシリーズ、今回は「今年最も良かったと思うドラマ」をお届けします。

今年も様々なドラマが放送され、話題になったりならなかったりしましたが、皆さんが「面白かった~」と思ったドラマはどれですか?一年の締めくくりの時期にふさわしい、2015年一番良かったと思うドラマについて、皆さんに聞いてみました!早速チェックしていきましょう。

■2015年最も面白かったと思うドラマランキング
1位下町ロケット
4.9%
2位デスノート
4.0%
3位ようこそ、わが家へ
3.9%
4位花咲舞が黙ってない2
3.8%
5位ウロボロス
3.6%
5位コウノドリ
3.6%
7位5→9~私に恋したお坊さん~
3.5%
8位相棒14
3.2%
9位恋仲
3.0%
10位相棒13
2.9%



1位には視聴率が好調の《下町ロケット》が堂々のランクインです。これまで数々のヒットドラマを生み出した池井戸潤作品。ロケットや医療分野の開発にかける、下町工場の熱い思いを描いた作品として注目を集めました。
日曜劇場「下町ロケット」でいい味出している俳優ランキング
画像:下町ロケット公式サイト

2位は人気コミックの実写化ドラマ《デスノート》です。今回のドラマ化に関しては、さまざまな面からインターネット上で叩かれてしまうことも。そのためか、このランキングでは見事2位に選ばれていますが、「期待外れだった7月開始のテレビドラマ」ランキングでは期待外れの1位に選ばれるという結果に。まさに賛否両論渦巻いたドラマだったようです。

画像:デスノート公式サイト

3位は、嵐の相葉雅紀主演の《ようこそ、わが家へ》でした。主人公を含む倉田家全体を取り巻く不穏な空気に、毎回ハラハラドキドキしていた人も少なくないのでは。

4位は《花咲舞が黙ってない2》です。東京第一銀行を舞台に、杏演じる花咲舞と、上川達也演じる相馬健のコンビが銀行の不祥事を暴いていく、痛快ドラマ。花咲舞の正義感を見てスカッとした人も多いのでは。

5位は《ウロボロス》でした。生田斗真と小栗旬がダブル主演を務めるなど、その豪華な顔ぶれも注目を集めました。警察とヤクザという相反する道を選んだ二人の主人公。二人の一番大切な人の死を追求する姿に、胸を打たれた人も多いのでは。

皆さんが見ていたドラマは何位に入っていましたか。トップテンの中には、相棒シリーズがなんと2本もランキングされていました。《相棒14》では反町隆史が相棒に選ばれ、再ブレイクを果たしたのも記憶に新しいですよね。年始スタートのドラマの情報もそろそろ出揃う頃。


/////
基礎点はもう上限、伸ばせる要素は?羽生結弦は一体どこまで行く……。/羽生が“羽生超え”フリー限りなく満点に近い出来栄え

羽生 また世界記録更新330点超!男子初GPファイナル3連覇

/////