世界陸上 400mリレー、ボルト完勝 中国がアジア初の銀

世界の陸上 オリンピックへ ニュース 

(29日、世界陸上)

 男子400メートルリレーも主役はウサイン・ボルトだった。ジャマイカのアンカーとして、トップでバトンを受け取ると、大きな走りで後続との差を広げ、つんざくような大歓声に包まれてゴールを駆け抜けた。「チームに感謝したい。とても楽しいイベントだ」

 ボルトの不敗神話は健在だ。2008年北京五輪から、フライング失格した11年世界選手権の男子100メートルを除き、100メートル、200メートル、400メートルリレーで負けなし。敗色濃厚だった今大会も、個人種目でライバル、ジャスティン・ガトリンとの直接対決を制して、リレーでも勝利。完勝だ。

 一方、ガトリンが2走を務めた米国は3~4走のバトンパスのミスで失格。中国が3位から繰り上がり、アジア史上初の銀メダルを獲得した。
/////
世界陸上(ボルトが3冠) ボルト、大会最多11個目の金メダル
/////