世界バレー女子W杯 ケニアに完勝し2位キープ!大竹、父娘五輪へ“爆発”

世界のバレーボール ニュース (FIVBワールドカップバレーボール)


 ◇バレーボールW杯女子大会第4日(2015年8月26日 東京・国立代々木競技場ほか)

世界ランク4位の日本は、同19位のケニアを3?0で降し、3勝1敗で2位を守った。宮下遥(20=岡山シーガルズ)、古賀紗理那(19=NEC)が台頭するコートで、元日本代表の大竹秀之氏(48)の長女・里歩(21=デンソー)も負けじと輝きを放った。27日はドミニカ共和国との1敗同士の対決。前半の正念場を制して、勝負の後半戦につなぐ。

 日本の壁だった父とはひと味違う攻撃で、182センチの大竹がみせた。最後の第3セット。真鍋監督もうなるクイックで、ケニアの穴を突いた。ずさんなブロックを見抜き「どんどん(ボールを)上げて」と要求。配給される球を素早いターンでコートに打ち込んだ。かと思えば、ネット際での押し合いにも競り勝ち、レシーブをはじくサービスエースも記録。豊富な運動量で貴重な得点源となった。

 父は日本代表歴代最長身を誇る208センチの秀之氏。キューバ戦に続き2戦連続で長女の姿を会場で見守った。大会前、緊張していた時、1992年バルセロナ五輪に出場した偉大な父から「緊張して悩め」と声を掛けられた。娘は「経験してきた人の言葉」と受け止め、ユニホームを着ると無我夢中でボールを追った。

 視線の先は父娘での五輪出場だ。27日は1敗で並ぶ、ドミニカ共和国を迎える。上位2カ国がリオ五輪の出場権を得る中、日本は2位をキープ。真鍋監督は「前半戦の大きなヤマ場。総力戦になる」と見据え、大竹には「クイックが広範囲に打てる。今後も特に期待している」と信頼を寄せた。

 ▽リオデジャネイロ五輪への道 出場枠は12で、開催国のブラジルは決定している。W杯上位2チームが出場権を獲得。アジア、アフリカ、欧州、南米、北中米の各大陸予選の優勝国、2016年5月の世界最終予選(東京体育館)で4カ国が決まる。アジア大陸予選は世界最終予選と兼ねて開催される。

/////
日本、ケニアに快勝し3勝目 バレーW杯女子大会第4日 

リオデジャネイロ五輪出場権を懸けたバレーボールのワールドカップ(W杯)女子大会第4日は26日、東京・国立代々木競技場などで6試合が行われ、世界ランキング4位の日本は同19位のケニアに3―0で快勝し、3勝1敗の勝ち点10で2位を守った。

 序盤から古賀(NEC)らのサーブがさえた日本は第1セットを25―15で奪った。主将の木村(東レ)の強打などで第2セットを25―20で連取し、第3セットも25―12と圧倒した。27日は勝ち点9のドミニカ共和国と戦う。

 ロシアは4連勝の勝ち点11で首位を堅持。昨年の世界選手権を制した米国のほか、中国、ドミニカ共和国、セルビアが3勝1敗とした。

/////


日本、ケニアに快勝し3勝目 バレーW杯女子大会第4日