生き残れるか? ヤフーとLINE 経営統合で基本合意と正式発表 / 次なる再編候補はメルカリか


 IT大手、ヤフーの持ち株会社、Zホールディングスと、通信アプリ大手のLINEは、経営統合することで基本合意したと正式に発表しました。

来年10月までに手続きを終える予定だとしています。

SNSやネット通販などを一手に担う巨大グループが生まれることになり、ほかのIT企業の戦略にも大きな影響を与えそうです。

両社は18日午後5時から都内で記者会見して統合の詳しいねらいなどについて明らかにすることにしています。

////


ヤフーとLINE 経営統合へ交渉 GAFAを追撃する体制へ (日韓関係悪化から LINE(韓国企業)の払拭も)LINEは8000万人+ヤフーは約5000万人


日本の生き残り!? 量子コンピューター技術競争、日本も参戦 NTTがNASAと計算機




日本再考  日本はもう「先進国」じゃない!輸出急減、賃金・年金低下、労働生産性最下位、AI分野は置いてきぼり・・・真実とは不都合なもの? 

LIENが監視アプリのなる?未来は避けたい「日本」 ( LIEN = 「WeChat Pay」) 二大アプリ「Alipay」「WeChat Pay」のシェアは? 中国政府監視(人権・言論監視)アプリ 「便利だけど不便」恐ろしい国/ シャレにならない監視社会に突入した中国の悪夢 


/////

合従連衡の引き金 次なる再編候補はメルカリか ヤフーLINE統合


 ヤフーの親会社のZホールディングス(HD)とLINE(ライン)の経営統合で、利用者が1億人規模にのぼる国内トップのネット企業が誕生する。幅広いサービス分野で存在感が高まりそうで、競合他社への影響も大きい。ネットサービスや決済、金融などの関連分野では生き残りをかけ、業種を超えた形での合従連衡が連鎖していく可能性もある。

 「かなりの脅威になる」「先に行かれ、社内の士気が下がっている」。ヤフーとLINEの統合合意が正式に決まった18日、直接の競合先となるIT・通信業界だけでなく、関連する金融業界などでも驚きや警戒の声が上がった。

 買い物から決済、金融、メディア、娯楽など生活に必要なサービスをすべて載せ、しかも一つのアプリで提供できる巨大基盤が出現すれば、一気に覇権を握り、ネット上のあらゆる分野で他社を駆逐するほどのインパクトがある。

 スマホ決済の分野では利用率のシェア(MMD研究所調査)はヤフーのペイペイが44・2%と首位で、楽天ペイが17・1%、LINEペイが13・6%と続いており、統合で圧倒的な地位に。黎明期の今は20社近くが乱立するが、2~3社に収れんされるとみられており、一枠は埋まる形だ。

 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授は「1社では生き残れないと考えた競合企業が、業種を超えた連携や再編に乗り出すかもしれない」と指摘する。

 ITでは、売上規模を抜かれる楽天がどう動くかが注目される。ネット上のあらゆるサービスをそろえ、利用者にグループの多様なサービスを回遊してもらう戦略は共通するが、2社の統合で先を行かれるからだ。もっとも、楽天は携帯電話事業への参入が基地局整備に手間取って計画より遅れており「かなりの力を携帯に割いている」(関係者)。早急に巻き返しの手を打つのは難しい状況だ。


次なる再編の候補として注目されるのはメルカリだ。主力の国内フリマアプリの伸びが頭打ちで、スマホ決済でも投資が先行して赤字が続き、打開策が急務となっている。「LINEと同様に筆頭株主の株式保有比率が高く、交渉を進めやすい」と指摘する関係者もいる。

/////


参考1

参考2


参考3
 

///// 


スマホ戦争! ヤフーとLINE 経営統合で基本合意と正式発表 / 次なる再編候補はメルカリか //日本の危機!?  孫正義氏、日本を憂う「このままでは忘れられた国に」 AI革命は日本のラストチャンス

スマホ戦争! KDDIとローソン、スマホ決済で提携 ( KDDIとローソンが提携発表、「au WALLET」は「Ponta」に統合へ )2020年5月から


スマホ戦争! ドコモとAmazonの提携発表、ユーザーにどんなメリットがある?

///
///

スマホ戦争! ヤフーとLINE 経営統合で基本合意と正式発表 / 次なる再編候補はメルカリか //日本の危機!?  孫正義氏、日本を憂う「このままでは忘れられた国に」 AI革命は日本のラストチャンス

スマホ戦争! KDDIとローソン、スマホ決済で提携 ( KDDIとローソンが提携発表、「au WALLET」は「Ponta」に統合へ )2020年5月から


スマホ戦争! ドコモとAmazonの提携発表、ユーザーにどんなメリットがある?


/////