天皇陛下 追悼式でおことば  東日本大震災

東日本大震災 311

東日本大震災 311の記事一覧


天皇陛下は、皇后さまとともに東日本大震災の犠牲者の追悼式に出席し、これからも国民が心を一つにして被災者に寄り添っていくことが大切だという思いを述べられました。

追悼式では、地震が発生した午後2時46分に黙とうが行われたあと、天皇陛下がおことばを述べられました。
天皇陛下は、冒頭、震災の犠牲者と遺族に深い哀悼の気持ちを表したうえで、5年前のきょうを、「仙台平野を黒い壁のような波が非常な速さで押し寄せてくるテレビの映像は、決して忘れることができないものでした」などと振り返られました。
続いて、「あれから5年、皆が協力して幾多の困難を乗り越え、復興に向けて努力を続けてきました」と述べたうえで、「被災地で、また避難先で、今日もなお多くの人が苦難の生活を続けています。特に、年々高齢化していく被災者を始めとし、私どもの関心の届かぬ所で、いまだ人知れず苦しんでいる人も多くいるのではないかと心に掛かります」と話されました。
そして、「困難の中にいる人々一人ひとりが取り残されることなく、一日も早く普通の生活を取り戻すことができるよう、これからも国民が心を一つにして寄り添っていくことが大切と思います」と述べられました。
.

被災者に心寄せ続けられた5年

天皇皇后両陛下は、震災発生以来、被災した人たちに心を寄せ続けられてきました。
両陛下は、3月11日の震災直後から被災状況の把握に努め、天皇陛下は、未曾有の災害を前に、被災した人たちを思う気持ちをテレビを通じて国民に語りかけられました。
そして、一刻も早く被災者を励ましたいと、3月の末には東京都内の避難所を訪れ、以降、7週連続で、東北3県の被災地などを訪ねて避難生活を送る人たちを見舞われました。
両陛下は、その後も毎年、被災地に足を運び、復興に向かう人たちを励ましたり、被災や復興の状況を視察されたりしてきました。


再び東北3県を訪問へ

天皇皇后両陛下は、来週、福島県と宮城県を訪問し、今も避難生活を送る人や、復興に向かう人たちを励まされます。秋には国体の開会式出席のため岩手県を訪れる予定で、この際にも被災した人たちと会われる方向で調整が進められています。
両陛下が、同じ年に東北3県を訪ねられるのは、震災が発生した平成23年以来になります。

///////
東日本大震災から5年 復興の遅れ課題に


東日本大震災と、東京電力福島第一原子力発電所の事故の発生から11日で5年となります。国の「集中復興期間」は今月で終了しますが、全国で17万人余りが依然として避難生活を余儀なくされ、東北などの被災地では、復興の遅れが大きな課題となっています。

5年前の平成23年3月11日、午後2時46分ごろ、東北沖でマグニチュード9.0の巨大地震が発生し、東北や関東の沿岸に高さ10メートルを超える津波が押し寄せました。巨大地震の震源域の周辺では、震災前に比べて地震の多い状態が今も続き、東北を中心に地盤が東向きにずれ動き、隆起や沈降する変動が続いています。
警察庁の10日までのまとめによりますと、これまでに死亡が確認された人は12の都道県の合わせて1万5894人、行方不明者は6つの県の合わせて2561人となっています。また、復興庁のまとめによりますと、避難生活による体調の悪化などで亡くなったいわゆる「震災関連死」は、10の都県で少なくとも合わせて3407人に上り、震災による犠牲者は、「関連死」を含めて2万1000人を超えています。
仮設住宅や賃貸住宅などで避難生活を余儀なくされている人は、先月12日現在の復興庁のまとめで、17万4000人余りとなっています。また、復興庁によりますと、自力で住宅を再建できない人のために建設される「災害公営住宅」は、2万9900戸余りの計画に対しことし1月末現在で完成しているのは1万4466戸と、48%にとどまっています。
一方、3基の原子炉でメルトダウンが起きるという、世界最悪レベルの事故が発生した福島第一原発では、廃炉に向けた最大の難関とされる溶け落ちた核燃料の取り出しに向けた調査が進められています。調査にはロボットが使われる計画ですが、現場周辺の除染など準備作業が難航していて、スケジュールは遅れています。どのように核燃料を取り出すかを決めるにあたって欠かせない調査だけに、いかに着実に進めていくか、現場の模索が続いています。
汚染水の問題では、建屋内に流れ込んでいる地下水の流れを遮るため、1号機から4号機の建屋の周囲の地盤を凍らせる「凍土壁」の建設工事がようやく終わり、早ければ今月中にも凍結が始まる見通しです。一方で、敷地内のタンクで保管されている汚染水の量は80万トン近くに上り、タンクの数は1000基を超えています。東京電力では、使用をやめる予定だった簡易型のタンクも使って汚染水の保管を続けていますが、最終的な処分方法について具体的なめどは立っていません。
国の「集中復興期間」は今月で終了しますが、東北などの被災地では、住宅の建設や防潮堤や道路の整備などが当初の計画より遅れるなど、復興の遅れが大きな課題となっています。

///////