366 気になるニュースをチェック! (晴曇、時々雨!) 365 IT・科学・国際系 (APS and BPS and GPS) 

2015年06月

サッカー女子W杯  なでしこ4強 岩渕初ゴールで豪降す
なでしこ オーストラリア戦

サッカー女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会で日本(なでしこジャパン)は27日(日本時間28日)から準々決勝でオーストラリアと対戦し、1-0で勝ち、4強進出を決めた。7月1日(同7月2日)の準決勝は、この後行われるイングランド-カナダの勝者と対戦する。

 日本は後半42分、途中の出場した岩渕真奈(バイエルン・ミュンヘン)がゴール前の混戦でこぼれたボールを押し込んだ。日本は前半から持ち味のパスワークでペースを握り、優勢に試合を進めてきた。

 先発は決勝トーナメント1回戦のオランダ戦と同じメンバーで、今大会初の同一メンバーでのスタートとなった。後半26分に岩渕が大野に代わって出場し、結果を残した。また、45分には澤穂希(INAC神戸)が阪口と交代出場した。

 ◇先発メンバーは次の通り。

GK:海堀あゆみ(INAC神戸)▽DF:岩清水梓(日テレ)、熊谷紗希(リヨン)、鮫島彩(INAC神戸)、有吉佐織(日テレ)▽MF:阪口夢穂(日テレ)、宮間あや(岡山湯郷)、川澄奈穂美(INAC神戸)、宇津木瑠美(モンペリエ)▽FW:大野忍(INAC神戸)、大儀見優季(ウォルフスブルク)
/////

なでしこ4強進出 岩渕決勝ゴール/準々決勝詳細

なでしこCKトレインの残像 宮間「今後も継続」

最近(最新)サッカー 女子  なでしこ ニュース(W杯中心 応援 サポーター)

/////
新布陣「なでしこトレイン」、豪州守備陣かく乱

サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会は27日(日本時間28日)、準々決勝2試合が行われ、4強が出そろった。

 日本女子代表(なでしこジャパン)は豪州を1―0で下した。

          ◇

 <なでしこトレイン>と命名されたセットプレーの新布陣が、豪州守備陣をかく乱した。

 自チームのCKで、ゴール前中央に、身長1メートル73の熊谷をはじめ大儀見、阪口、岩清水とヘディングの強い4人が体を寄せて縦に並び、キックの時に散り散りに動き出す。佐々木監督の指示で決勝トーナメント1回戦のオランダ戦で初めて採り入れ、豪州戦ではCKの大半の場面で使った。

 岩渕の決勝ゴールもCKから生まれたが、この時は<隊列>を組んでいなかった。「相手が混乱している感じがあった」と、してやったりの岩清水。セットプレーは、世界屈指のキッカーである宮間を擁するなでしこの強み。新たに加わった武器は、準決勝イングランド戦でも効果を発揮するか。
/////

「たま電車は永久ニャ」三毛猫駅長悲報から一夜、ラッピング電車走り続ける
たま駅長

猫の駅長として人気を集めた、和歌山電鉄貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)の三毛猫「たま」の死が発表されてから一夜明けた25日、同駅には急きょ献花台が設置され、訪れた国内外のファンが、別れを惜しんだ。たまのイラストなどがちりばめられた車両も運行している同電鉄では、「たまはシンボル。これは永久に変わりません」として、今後も「たま電車」を走らせ続けるという。

 貴志駅で、「たま」が昼寝をしながら客を出迎えていた「駅長室」の前には、この日、急きょ献花台が設置された。訪れたファンからは「たま駅長、ありがとう」と別れを惜しむ声が上がり、花束やかつお節、キャットフードなどが供えられた。

 たまの療養中から駅長代行として勤務していた三毛猫「ニタマ」が休日を返上して特別出勤。ニタマはたまの部下として、2012年から5駅隣の伊太祈曽(いだきそ)駅の駅長を務めているが、この日はたまの死を悼む人々の対応に当たり、愛くるしい姿で場を和ませた。

 高知県室戸市の自営業・宮田昌美さん(51)は、関西を巡る小旅行の途中に立ち寄ると「元気な姿を見られなくて残念です」としんみり。国内のたまファンに加え、実は海外での人気も高かったため、中国などから団体の観光旅行客らも入れ代わり立ち代わり訪れた。多い時間帯で40~50人が駅に詰めかけ、地元の小学校からは、「たま駅長 天国でも見守ってね」と書かれた寄せ書きが贈られた。

 和歌山電鉄では2009年から、通常の列車のほかに、車体にたまのイラストが入り、車内には三毛柄のシートが張られた「たま電車」を不定期で運行している。同社の広報担当・山木慶子さんは「(たま電車は)これからも走ります」。地元の人々にとって、貴重な交通手段であることを強調するとともに「たまはシンボル。これは永久に変わりません」と同電鉄の象徴として、走らせ続ける方針を明らかにした。

 28日に貴志駅で社葬が行われ、たまの現職だった「社長代理ウルトラ駅長」から「名誉永久駅長」への“最後の辞令”も言い渡される予定。人間でいえば80歳、16歳2か月で天国へ旅立った雌のたまは、子をのこしておらず、駅長職を“世襲”する猫はいないという。後継を立てるかどうかなどは、未定だ。

 ◆「たま」の足跡

 ▼2007年1月 駅長就任

 ▼9月 初の写真集「たまの駅長だより~いちご電車で会いにきて~」発売

 ▼08年1月 「客招き」の実績により「スーパー駅長」に昇格

 ▼10月 「和歌山県勲功爵」を受ける

 ▼09年3月 「たま電車」運行開始

 ▼10年4月 観光バス「たまバス」完成

 ▼8月 出演した仏映画「ネコを探して」が全国公開

 ▼10月 駅舎が改築。「たまカフェ」が併設される

 ▼11年1月 「和歌山県観光まねき大明神」に任命される

 ▼12年7月 アフラックのCMに徳光和夫さんと出演

 ▼13年1月 社長代理に昇格

 ▼14年6月 たまがデザインされたIC乗車券「ICOCA」の発売開始

 ▼15年6月22日 急性心不全のため天国へ
//////
参考
//////

なでしこ8強、2―1でオランダ下す サッカー女子W杯

 サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会で、連覇をめざす日本女子代表は23日(日本時間24日午前11時)、決勝トーナメント1回戦でオランダに2―1で勝ち、2大会連続3度目の準々決勝進出を決めた。


 日本は前半10分、相手のクリアを拾った有吉が右足で先取点を決めた。日本は前半を1―0でリードして終えた。後半33分、左から宮間のパスを受けた阪口が追加点を決めた。試合終了間際にオランダに1点を返されたが、逃げ切った。

 先発は次の通り。

 ▽GK 海堀

 ▽DF 有吉、岩清水、熊谷、鮫島

 ▽MF 阪口、宇津木、川澄、宮間

 ▽FW 大野、大儀見
/////
なでしこ辛勝8強!有吉、阪口弾/オランダ戦詳細

なでしこ辛勝8強!有吉、阪口弾/オランダ戦詳細

最近(最新)サッカー 女子  なでしこ ニュース(W杯中心 応援 サポーター)

なでしこMF宮間、豪州との準々決勝は「気持ちの強いほうが勝つ」   =宮間あや主将(岡山湯郷)=

/////

3連勝の無傷で1位突破 エース大儀見が初ゴール

サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会第9日。16日に行われた1次リーグで、W杯連覇を狙うC組の「なでしこジャパン」はエクアドルを1-0で下し、3連勝の勝ち点9で同組1位での決勝トーナメント進出を決めた。

 W杯初出場の北原、W杯初選出の川村ら、なでしこは控え組中心のメンバーで臨み、攻めの姿勢でエクアドルに主導権を渡さなかった。奪ったのは1ゴールだけだが、決勝トーナメントに弾みを付ける3連勝。目標としていた1位通過も決め、主将の宮間は「無失点での勝ち点3を前向きに捉えたい」と力を込めた。

 決勝ゴールは得意とする鮮やかなサイド攻撃から生まれた。前半5分。左サイドバックの鮫島の縦パスを宮間が受け取って精度の高いクロス。近いサイドに飛び込んだ菅沢からこぼれたボールを、最後は大儀見が詰めて左足で押し込んだ。

 今大会初ゴールの大儀見はエースとして出色の動きをみせた。下がり気味のポジションでボールを受けて攻撃のためをつくり、前線からの守備にも貢献した。

 佐々木監督と2人で出席した2日前の公式会見で、「(チームの課題は)隣の人(大儀見)が点を取ること」と鼓舞されていた。期待に応える得点に「ゴールを取るという意識で詰めていた。どう得点を決めるかにこだわっている」と手応えをにじませた。

 初優勝した前回W杯ドイツ大会の1次リーグは2勝1敗の2位通過だった。今回は無傷のまま決勝トーナメントに進む。3試合で4得点1失点の内容は消化不良の感もあるが、佐々木監督は「相手に食い付いて勝ち、ひとつひとつのステージを上がっていきたい」と力を込めた。
//////
なでしこ3連勝で1位通過/エクアドル戦詳細 スケッチ

なでしこ3連勝で1位通過/エクアドル戦詳細 美女・美人サポーター

サッカー女子W杯 GPS なでしこ ジャパン 366 GPS  美女・美人 サポーター スケッチ

サッカー 女子W杯 なでしこ ニュース

//////

日本、まさかのドロー 空砲23本に試合後ブーイング

サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア2次予選が16日、埼玉スタジアムであり、日本代表(世界ランク52位)はシンガポール(同154位)に0―0で引き分け、勝ち点1の発進となった。


日本は前半、圧倒的にボールを支配しながらもゴールを決められず、0―0で折り返した。

 後半は岡崎や本田が頭で決定的なシュートを放ちながらも、相手GKの好セーブに阻まれるなどゴールは割れず、ともに無得点で試合を終えた。

 先発メンバーは以下の通り。

 ▽GK 川島(スタンダール・リエージュ)▽DF 太田(FC東京)酒井宏(ハノーバー)槙野(浦和)吉田(サウサンプトン)▽MF 長谷部(フランクフルト)柴崎(鹿島)香川(ドルトムント)▽FW 本田(ACミラン)岡崎(マインツ)宇佐美(ガ大阪)

このページのトップヘ