366 気になるニュースをチェック! (晴曇、時々雨!) 365 IT・科学・国際系 (APS and BPS and GPS) 

2014年10月

自作ロボットが農作業、草の根ITで農業革命進行中
//////
It is a story that I heard from some agriculture officials. Part I to starred. 

"(Overseas)" I have lifted me ●●●● type agriculture is amazing ", it either is not a trap. Not only take them here of cultivation know-how. While we have the know-how, seeds, fertilizer , pesticides continue to set up. it is "please buy them from the inside".'ll make that company has subsidiaries in Japan. it is got to sell there have the right to sell "

If you say what the story, similar story with "vendor lock-in" in the cloud vendors have going on in the agricultural IT world, I hear that there are people who have a sense of crisis for it. However, even if it was so "vendor lock-in", agriculture is successful as a business, if the farmers to benefit, it might not be a bad thing in it. 

Current situation in any case, the foreign're in the limelight with respect to IT in agriculture, regardless of domestic companies, but center solutions offered by leading vendors. However, separate from the IT of these "from the top", "Alternative Agriculture IT" and also said the movement has begun from the scene. Increase of abandoned farmland, field are feeling in the skin a variety of problems, such as aging and reduction of farmers, with the aim of solving these problems, he has been with the Let's change the agriculture by making full use of their own IT. 

I want to introduce the Kabaya Naoki efforts of Futurist Agri President that are challenging to such farming in this article (Related Articles: know-how in the venture of cloud services share, small mowing robots run around next year). Although keep refuse in advance so that there is no misunderstanding, remarks at the beginning is not a Kabaya's remarks. 

Image of the robot is "Makkurokurosuke" 

Whether Mr. Kabaya is working on what. In a nutshell, robot agriculture, is a sensor agriculture. However, robots and sensors are merely means. Agriculture Kabaya Mr. aim is, business administration, quality engineering, biology, plant engineering, IT, and re-captured the agriculture from robotics point of view, be used to rebuild the production technology system. In other words he Kabaya Mr. directly challenges in agricultural revolution.
//////
ある農業関係者から聞いた話だ。一部伏字にする。

「(海外の)『●●●●式農業がすごい』って持ち上げられてるけど、それは罠じゃないか。こちらの栽培ノウハウを持っていかれるだけではない。ノウハウを持っていきつつ、種、肥料、農薬をセットアップしていく。『これらをうちから買いなさい』となる。あの会社が日本に現地法人作るでしょ。そこが販売権を持って販売するんですよ」

何の話かというと、クラウドベンダーにおける“ベンダーロックイン”と同じような話が農業ITの世界で起こっていて、それに対する危機感を持っている人がいるということだ。ただし、そうした“ベンダーロックイン”があったとしても、ビジネスとして農業が成功し、農業者が恩恵を受けられるのであれば、それはそれで悪いことではないのかもしれない。

いずれにせよ現状、農業のIT化に関して脚光を浴びているのは外資系、国内企業問わず、大手ベンダーが提供するソリューションが中心だ。しかし、こうした“上から”のIT化とは別の、“オルタナティブ農業IT”ともいえる動きが現場から出始めている。耕作放棄地の増加、農業者の高齢化・減少といった様々な問題を肌で感じている現場が、それらの解決を目指し、自らITを駆使して農業を変えていこうとしているのだ。

この記事ではそんな農業に挑戦しているフューチャアグリ代表取締役社長の蒲谷直樹氏の取り組みを紹介したい(関連記事:ベンチャーのクラウドサービスでノウハウ共有、来年は小型草刈りロボットが駆け回る)。誤解のないようにあらかじめお断りしておくが、冒頭の発言は、蒲谷氏の発言ではない。

ロボットのイメージは「まっくろくろすけ」

蒲谷氏は何に取り組んでいるのか。一言で言えば、ロボット農業、センサー農業である。ただし、ロボットやセンサーはあくまでも手段である。蒲谷氏が目指す農業は、経営学、品質工学、生物学、設備工学、IT、ロボティクスの視点から農業を捉え直し、生産技術体系を再構築すること。つまり農業の革命に蒲谷氏は挑んでいるのだ。
//////
興味ある話題

//////

最新「国際ニュース」速報   新聞社中心に (最新版)「一部:国内ニュ―ス」

TEST html5

最近の「気になる国際ニュース」

//////
気になる「国際ニュース」
//////

最新ニュース速報TV(最新版)

///// 最新ニュース速報TV(最新版)
最新ニュース速報TV
/////

このページのトップヘ